ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】ヤンゴンでラーメンが人気!日本の麺のおいしさに開眼!?

【ミャンマー】ヤンゴンでラーメンが人気!日本の麺のおいしさに開眼!?

LINEで送る
Pocket

日本から飛行機で約7時間30分、ミャンマー・ヤンゴン。
ヤンゴンをミャンマーの首都と思っている方が多いかもしれないですが、首都は2006年にネーピードーに移転。
ヤンゴンはミャンマーがビルマと呼ばれていた時代の首都であり、現在もミャンマー最大の都市として政治・経済・文化の中心地となっています。

海外の投資先として未開発であることから、かつては“アジア最後のフロンティア”とも称されていたミャンマーですが、現在はヤンゴン市内に日本の大手企業が多く進出しています。
世界的なラーメンブームが続く中、ミャンマーにもそのブームが押し寄せているようです。

「一風堂」がヤンゴンに進出!

世界で14ヶ国・地域に店舗展開(2019年6月末時点)している博多発祥のラーメン店「一風堂」は、2017年にミャンマーに進出しました。
現在はヤンゴン市内に2店舗展開しており、両店とも巨大ショッピングモール内に出店しています。

2019年5月にオープンした2店舗目は、ヤンゴン市内最大級の商業施設「Junction Square」の画に出店しました。
「Junction Square」はスーパーマーケットやアパレル店、 飲食店などが多数入居し、オフィスタワーや高層コンドミニアムと直結している複合商業施設です。
周辺には大学などの教育施設や大使館、宿泊施設が複数あります。

人気メニューは「白丸スペシャル」1万1,900チャット(約845 円)、 「赤丸スペシャル」1万2,900チャット(約916円)、 「からか麺スペシャル」1万3,900チャット(約987円)など。
現地在住の日本人や欧米人など、アッパー層がメインターゲットになっているようです。

ヤンゴン市内の「一風堂2号店」の外観
ヤンゴン市内にある「一風堂2号店」の外観

一風堂ミャンマーFacebook:https://www.facebook.com/ippudomm/

 

一方、ヤンゴンのローカルを中心に人気のカジュアルな日系のラーメン店と言えば、ラーメン居酒屋「横綱ヤンゴン」です。
店を構えて2019年で4年目を迎えます。

一番人気の「Extra Spicy/Spicy Noodle」(激辛/ピリ辛ラーメン)はレギュラーサイズで8,000チャット(約568円)。
海外では高級なイメージの強い日本のラーメンですが、同店は比較的リーズナブルなのでローカル客の支持を集めているようです。

「横綱ヤンゴン」の「Extra Spaicy/Spicy Noodle」(激辛/ピリ辛ラーメン)
Extra Spicy/Spicy Noodle
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。