ホーム >  タイ > 【ペンのASEAN紀行】東北タイの〝小京都〟ルーイ県チェンカーン

【ペンのASEAN紀行】東北タイの〝小京都〟ルーイ県チェンカーン

LINEで送る
Pocket

DSC_8498

タイムトリップしたかの感覚だった。
街は総木目作り。
宿や食堂だけでなく、商店も、銀行も。
建築上・保安上必要な場合は、打ち出しのコンクリートに木目調の塗装を施すのが村のルールだった。
こうして村は伝統を守り続けてきた。
静かな宿場町ルーイ県チェンカーン。
今回はこの村を紹介しよう。

DSC_8520

東北部(イサン)地方の西北端に位置するルーイ県。
メコン川に面し、川の向こうは隣国ラオス。
一帯は低い山々に囲まれており、標高は高いところで700メートルほど。
このため、冬(12月~1月)の気温が一桁台になることも珍しくなく、米や高原野菜のほか夏冬の気温差を利用したワイン用ブドウの栽培も盛んな農業県というのが特徴だ。

DSC_8509

チェンカーン郡へは県庁所在地のムアン・ルーイからほぼ真北に国道201号線を約50キロ。
メコン川に突き当たった一帯に集落がある。
驚くのはその光景だ。
古都・京都にでも迷い込んだかと見間違うほどの街並み。
いやいやよく見ると、バルコニーに赤い花が飾ってあったりと、どこかお洒落で小綺麗。
街の造りもどちらかと言えば新しい。

DSC_8543

村人に聞いてみた。
「ここらは決まりがあってね。勝手に家を建ててはいけないの。ちゃんと街並みにあった造りにしないと。そうやって私たちは暮らしてきたのよ」。
80歳にはなろうかというノックさんは洒落た日傘の下で可愛らしく微笑んだ。
タイの夏の真っ盛り、炎天下の昼下がりだった。

DSC_8555

試しに商店などが建ち並ぶメーン通りに出てみた。
少し歩いて、その理由は分かった。
今やタイ全土に10000店になろうかというセブン・イレブン。
街に2軒ある店舗のいずれもが、木目調に似せた造りとなっていた。
スーパーのテスコ・ロータスも同様だった。
店そのものがすっかり街に溶け込んでいた。

DSC_8545

圧巻だったのは銀行だ。
上位市中行の一つカシコン銀行。
やや大型店を思わせるチェンカーン支店は、木目の中にシンボルカラーの緑色がアクセントに。
鮮やかに調和したナチュラルな感覚が斬新なイメージを与えていた。
傍らには、観光客向けに写真撮影のコーナーも。
政府系銀行のクルンタイ銀行も同様で、青空と木々を思わせる色彩の組み合わせにしばし心を奪われた。

DSC_8534

訪ねた4月上旬は、タイで最も暑い時期。
日差しは刺すように肌に刺激を与え、30分も歩けば熱中症になることは必定だった。
このため、村では正午から午後4時までを昼休みと奨励し、多くの店が休みを取っている。
暑い時間帯は避け、涼しくなったら活動する。
自然を活かした暮らしがあった。

DSC_8519

メコン川のほとりに静かにたたずむチェンカーンの街並み。
どこかで小京都を思わせる造りは、日本や日本を知る人々の旅情を誘うに違いない。
街を見下ろす小山プー・トックからは季節によって雲海が広がることも。
来年の今頃は当地で、のんびりと執筆活動に取り組んでみたい。
そんな思いを新たにした。

DSC_8525

 

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介