ホーム >  タイ > タイ国際航空のキャビンアテンダントが名古屋を訪れると必ず行く店?!

タイ国際航空のキャビンアテンダントが名古屋を訪れると必ず行く店?!

LINEで送る
Pocket

1

PDF Holding Co.,Ltd.は、タイで全高304mの最も高層なビル(2015年8月現在)であるバイヨークスカイタワーなどを所有するホテル・不動産企業であるバイヨークグループが、レストラン事業の拡大を目的に設立した会社。代表は、バイヨークグループ副会長でもあるピヤレートバイヨーク氏(35歳)が務め、現在、とんかつ店、ラーメン店、タイレストラン、スィーツショップなどを展開している。

PDF Holding Co.,Ltd.は2014年9月に、当時、日本と香港で世界の山ちゃんを70店舗超の店舗数を展開する株式会社エスワイフードとフランチャイズ契約を締結。同年12月3日に海外初フランチャイズ店として世界の山ちゃんタイ本店をタイ人富裕層や日本人など外国人が多く居住しているスクンビット39通りにオープンした。

3世界の山ちゃんは「幻の手羽先」が名物の名古屋の人気居酒屋。タイ人の間でも10年以上も前からタイ国際航空のキャビンアテンダントたちが、名古屋にフライトがあるたびにみんなでタクシーに乗り合わせて世界の山ちゃんの手羽先を食べに来たり、最近では、日本へのビザの緩和により、タイ人が日本全国へ訪れる中で名古屋へ行った際は必ず一度は訪れる必須のお店となっている。また、親しみやすい鳥男のキャラクターも、漢字が理解出来ないタイ人にとっては覚えやすいアイキャッチになっている。

5そんな世界の山ちゃんがバンコクにオープンするとあって、オープン前からタイ人の間でFacebookなどのSNSで話題となり、オープン日から約2カ月間は連日行列が出来るといった大繁盛店となっており、オープンから9か月経った今でも多くのお客様で賑わっている。

顧客の比率は、タイ人60%、日本人35%、その他の外国人5%を占め、新規の日系レストランや居酒屋が、タイ人の集客になかなか苦労している中で、しっかりとタイ人顧客を捉えた店舗となっている。

ピヤレートバイヨーク氏自身、ホテル事業、不動産事業といった本業がある中で、夜にはユニフォームに着替えて「いらっしゃいませ!」とお客様に手羽先やビールを運ぶなどスタッフと共に汗を流し、オープンからの約1カ月間を支えた。今でも週に2回は店舗を巡回している。タイの風習上、オーナー自信がそこまでやるのは珍しく、しかし、それにより、店舗の現場を把握し、スタッフの人心をしっかり掌握している。

またタイではフランチャイズ契約を締結しても、勝手にオリジナルまでを変えようとする加盟店が多い中で、ピヤレートバイヨーク氏は本部の方針を忠実に守りながら、現場を把握した上で本部との話し合いを重ね、タイ独自のマーケットにあった改善を一緒になって進めるなど、本部と良好な信頼関係を構築している。

現在、本部の許可のもと、2号店のオープン準備に入っている。

5

■店舗情報

【世界の山ちゃん タイ本店】

住所:32/1 The Manor Sukhumvit 39 Klongton Nua,Wattana Bangkok,10110 Thailand

(マノール スクンビット 39 クロントン ヌア ワッタナー バンコク 10110 タイランド)

TEL:+66-2-662-5541

営業時間

月~土:pm5:30~am0:30(ラストオーダー am0:00)

日曜日:pm5:30~pm11:30(ラストオーダー pm11:00)

ランチタイム営業 土日:am11:30~pm2:30(ラストオーダー pm2:00)

定休日:年中無休

席数:約100席

売上:未公表

【世界の山ちゃん】

URL : http://www.yamachan.co.jp/

店舗数:世界の山ちゃん 日本73店舗・香港1店舗・タイ1店舗

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介