ホーム >  カンボジア > カンボジア・プノンペンの飲食店出店事情 今路地裏がアツい!?

カンボジア・プノンペンの飲食店出店事情 今路地裏がアツい!?

LINEで送る
Pocket

プノンペンの人気出店エリア

phnompenh

GDP成長率約7%を維持する近年の経済成長と所得水準の上昇に伴い、カンボジアの首都プノンペンの飲食店数は増え続けています。
近隣諸国と異なり、外資100%での開業が可能なカンボジア。
2013年頃から日本人を含む外国人経営の飲食店が増え始め、出店・閉店による入れ替わりがありながらも、その数は着実に増加しています。
最近では海外の有名チェーン店も、直営や現地有力企業と組んだフランチャイズの形で続々と出店中。

そんな中、新規出店場所の傾向については、少しずつ変化も見られます。

ここ数年の間に、外国人経営店や有名チェーン店の新規出店が相次いだ人気エリアは、ボンケンコンⅠと呼ばれるエリア。

外国人向けの高級コンドミニアムや現地富裕層の邸宅等が立ち並び、カフェ激戦地とも言われるこのエリアには、「STARBUCKS」や、現地資本で不動の人気を誇る「BROWN COFFEE」、現在カンボジア国内で急速に店舗展開中のタイのフランチャイズチェーン「Cafe Amazon」等も、もれなく出店をしています。

bkk_01

ボンケンコンⅠエリアは、現地中間層以上や外国人をターゲットとするビジネスを行う場合には、真っ先に選択肢に入るエリアですが、家賃高騰により撤退を余儀なくされる店舗も少なくなく、最近ではこのエリアでの出店も数年前に比べるとやや落ち着いている感があります。

では、ボンケンコンⅠ以外ではどこで新規出店が多くみられるのでしょうか?

ボンケンコンⅠに比べて地価が安く、外国人向けのアパートの増増加により新興住宅地としても注目されるトゥールトンポンエリアには、日本人をはじめ外国人経営の店舗が多く出店されていますが、最近ではその他のエリアにも分散して新規出店が行われているように見えます。

そして、新規出店場所候補の一つとして注目されはじめているのが、“レーン”や“ハーフ”と呼ばれる路地裏です。

ニュージーランド出身の兄弟が火付け役!プノンペンの路地裏ブーム

bassac_01

現在、もっとも賑わいを見せている路地裏は、ボンケンコンⅠエリアの東側。
トンレバサックエリアに位置するBassac Lane(バサックレーン)といえましょう。

大人気のピザ屋「Piccola Italia」等の飲食店が立ち並ぶストリート308から細い路地を入って裏手へ。
Bassac Laneとは、ここに広がる一帯のことを指します。

以前はごく普通の古い民家が集まる場所にすぎませんでしたが、ニュージーランド出身のNorbert-Munns兄弟の仕掛けにより、今ではプノンペンのBarシーンを語る上で外せないところとなっています。

bassac_02

Norbert-Munns兄弟は、2013年~2014年にかけ、食前酒バー「Seibur」、バー&グリル「Meat & Drink」、クラシックカクテルバー「Cicada」、ダイキリバー「The Library」など、コンセプトの異なる小規模なバーを、ここBassac Laneに次々とオープンさせました。

bassac_03

現在では、兄弟が運営する店舗を含めた11店のバーのほか、ブティックや革用品店等が所狭しと立ち並び、連日欧米・オセアニア系の外国人顧客を中心に客足が絶えない状況です。
また、少しずつですが、カンボジア人顧客の姿も見られるようになってきています。

明確なコンセプトに沿った洗練された内外装の店舗が立ち並ぶこの一帯は、ここがカンボジアであることを忘れてしまうほどのお洒落な異空間。
近距離に何軒ものバーが隣接しているので、ハシゴをしながら親しい友人とゆっくり語らいたい夜にもぴったりです。

bassac_04

2016年には、日本人経営のラーメン屋「MASAMUNE」もこの一帯にオープン。
締めのラーメンを求めて集う日本人顧客のほか、サイドメニューをつまみながらバー感覚で利用している顧客も多く見られます。

さて、実はNorbert-Munns兄弟。
Bassac Laneをプロデュースする前からプノンペンの路地裏に目をつけていました。

2012年、兄弟は、240 1/2(240ハーフ)と呼ばれる路地裏に、2人が手掛ける最初のバー「Bar.Sito」をオープンしています。

240_03

240_04

外国人経営のお洒落なブティック・雑貨店などが立ち並ぶ閑静なストリート240の裏手に広がる240 1/2(240ハーフ)には、現在他にもビーガンカフェや雑貨店が立ち並び、知る人ぞ知る隠れスポットのような雰囲気で、賑やかなBassac Laneとはまた違った趣を呈しています。

新たな “レーン” 構想?

st.51_01

ボンケンコンⅠエリア内のランカー寺院の裏手、ストリート51から東に伸びる路地裏もまた、元々は古い民家が立ち並ぶ一帯でした。
しかし、Bassac Laneの好調を受けてか、ここに新たな “レーン” を作ろうとする動きが自然発生的に起こっているようです。

この路地裏には、2016年~今年2017年にかけ、日本人経営のJapanese tapas bar「型無」、本格寿司割烹「SuShi LaB」、ハンバーグ&カレー「919」が相次いでオープンしており、現在も飲食店の出店準備が進められている物件があります。

st.51_02

st.51_03

飲食店のほか、Bassac Laneに見られるようなお洒落なブティックもオープン。

st.51_06

以前よりこの地には、トリップアドバイザーのプノンペン飲食店ランキング1位をキープするカジュアルフレンチ「Bistro Langka」やホテル・ゲストハウスなどがありましたが、まだ一帯として注目されるほどではありませんでした。

st.51_04

しかし今後、相次ぐ新規出店がさらなる出店を呼び、“レーン”として盛り上がっていく可能性も十分にあると思われます。

現時点では、大通り沿いに比べると家賃が低いのも魅力の一つでしょう。
こちらの路地裏では15坪程度の小ぶりな店舗が多く見られますが、この程度のサイズであれば500~1,000USD未満で賃貸可能な物件もあります。

未だに路地奥には民家がひしめき合っていますが、今後周囲の既存店が盛り上がりを見せるようになると、これらの民家もどんどんと店舗に変わっていくのでしょう。

さらにもう一箇所。
Bassac Laneからも程近いKabkoマーケット脇の路地。

kabko_02

ここに新たなる“レーン”を作りたいと意気込むカンボジア人女性がいます。

Kabkoマーケットは、地元のカンボジア人が食料や日用品を調達するいわゆるローカル市場。
市場の利用客は所得が高い人ばかりではなく、中には物乞いをする貧困層の人々の姿も見られます。

そんな市場横の路地裏で、今年「Backstreet Bar」をオープンしたのがThida Keo、31才。
1年前までは近くのアパートに住み込み、清掃をはじめ大家の手伝いをしていました。

kabko_01

外国人向けの飲食店などは他になく、人がすれ違うのがやっとの細い路地裏にも関わらず、アーティストを招聘して作った外国人受けするような内装、営業努力と口コミにより、「Backstreet Bar」は連日欧米人をはじめとする外国人が集う店になってきています。

隣で開業準備中のホテルオーナーがホテル内にバーをオープン予定であることからも、Thidaはこの地を“Kabko Lane”として盛り上げていきたいと意気込んでいます。

他のレーンの状況を見ても、1つ成功店ができると周囲に店舗が集まってくる可能性は低くありません。

これからプノンペンで出店を考える方にとって、相次ぐ路地裏への出店は見逃せないトレンドの一つと言えるでしょう。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介