ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】今年のラマダンは5月16日スタート!ラマダンの時期に私たちがローカルに配慮できること

【マレーシア】今年のラマダンは5月16日スタート!ラマダンの時期に私たちがローカルに配慮できること

LINEで送る
Pocket

ラマダンとは?

ラマダンとは、イスラム教徒が行う断食のことです。
イスラム教徒にはハリラヤという独自の信念があります。
イスラム教が国教となっているマレーシアでも、ハリラヤは一大イベントで、イスラム教徒たちは盛大に祝います。

ハリラヤの前にイスラム教徒は約1ヶ月間、日の出から日没までの間、毎日断食を行います。
断食のみならず、あらゆることが禁止される禁欲の月となりますが、わかりやすいのはやはり断食です。

イスラム教徒は、独自の暦に従ってラマダンやハリラヤを定めているので、毎年少しずつラマダンの時期がずれます。
2018年は5月16日の夕方から6月14日の夕方まで行われます。

関係ないようで関係がある

一見イスラム教以外の人には関係のないように見えるラマダン。
実際マレーシア国民の67%がイスラム教というデータが出ていますので、30%に当たる人はラマダンとは関係のない生活を送っていることになります。

しかし、マレーシア国内にいる以上イスラム教の人たちに配慮する必要があり、全く関係がないとは言い切れないのも事実です。

では、どのように配慮したらいいのでしょうか?
イスラム教以外のマレーシア人はこの時期どのように過ごしているのでしょうか。
今回は、実際にローカルの人(華僑)に教えてもらった方法をお伝えします。

公共の場で飲食しない

ラマダンの時期、イスラム教徒は限られた例外を除き、昼間に飲食をすることができません。

全く関係のない私たちも、イスラム教徒の前で飲食をしないことによって、彼らに配慮を示すことができます。

IMG_5549

高速バス

例えば長距離バスの中など、ちょっとした時に水分補給をしたくなりますよね。
こまめな水分補給はとても大切ですが、人目につかない場所で飲むようにしましょう。

IMG_5556

バスターミナルの休憩所

普段なら飲食をしても問題ないですが、ラマダン中はイスラム教徒以外のローカルも堂々と食事をすることが少なくなります。(外国人などを除いて)

夕食時間に見られる意外な光景とは?

IMG_1343

テーブルで携帯をいじりながら待っている女性

ラマダンの時期特有のレストランでの光景があります。
それは、レストランが満員になっていながら、誰も食べる人がいないという光景です。

食事が可能になる時間の30分~1時間前にレストランに向かい、食事をオーダーし、テーブルの上の食べ物を目にしながら(オーダーしていない時もあります)じっと待っている人で溢れているのです。

もちろん私たちは、どの時間帯に食べても構いません。
しかし、ラマダン期間中、大勢の人が待っている状態でムシャムシャと美味しそうに食べてしまうのは、マレーシアではあまり良いこととはされていません。

私たちは、彼らに比べてお腹は空いていないはず。
「イスラム教徒の食事が終わり、落ち着いた時間帯に入店するようにする。」または、「イスラム教徒が入ることがないノンハラルの店(中華料理店など)に行くようにする」などの配慮が必要です。

運転の時、道を譲る

P1070579

運転とラマダンになんの関係があるの?と思われるかもしれません。
実はあるのです!

お腹が空いていると、人間はイライラしてきます。
そんな時、運転にそのイライラが現れてしまう人が多くなるのです。

特に夕方、お腹の空き具合もピークに達し、ご飯を食べに早く家に帰ろうと焦っている人の運転はひときわ荒くなります。

もともと横入りなど運転が荒い人が多いマレーシアですが、ますます荒くなってしまい事故が増えるという状態に!

実際、ラマダンの時期に死亡事故を見たことがあります。
とても悲しいことですが、事故が多くなるのは事実なのです。

ローカル曰く「私たちはご飯をいつでも食べることができるでしょう。イスラム教の人は早く帰ってご飯を食べたいと思っているのだから、道を譲ってあげた方が親切だよ」とのこと。

まさにその通りです。
道を譲ることにより配慮を示すことができます。
特に車が渋滞しがちなのが高速道路の料金所や、道の合流地点です。

道の合流地点では、お腹が空いてイライラしたバイクなどが思いがけない方向から飛び出してくることがあるので気をつけましょう。

お互いに配慮し合おう!

自分たちに関係がないと言ってしまえばそれまでです。
しかし、マレーシアには多くの文化が混じりあっています。
また、私たちも日本文化というマレーシアとは全く違う文化の背景を持っています。

何年生活していたとしてもまだまだ新しく学ぶことも多く、地元の人を当惑させてしまうこともあります。

できる限り相手に配慮する姿勢を見せることによって気持ちを伝えることができ、こちらも配慮してもらえるような気がします。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介