ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】木曜限定営業。蒸留所でプレミアムラム酒を楽しめるバー「SAMAI」

【カンボジア】木曜限定営業。蒸留所でプレミアムラム酒を楽しめるバー「SAMAI」

LINEで送る
Pocket

2018年は「SAMAI」の世界進出元年?

samai_08

「SAMAI」のラム酒は、原料の選定から製造工程に至るまで、カンボジア産であることにこだわっています。

主原料となる糖蜜を生成するサトウキビはもちろん、看板商品の一つ「カンポットペッパーラム」には、カンボジア産の赤胡椒が使用されています。

工程・品質管理は、カンボジア人の最高蒸留責任者が担当。

一方、製造工程で用いられる器具類の一部は、選りすぐりの輸入品を使用しています。
銅で作られた19世紀様式の蒸留機はポルトガル製で、原料の素材を生かした蒸留を可能にします。
熟成に用いられ、ラムの風味付けに欠かせない樽はフランス、アメリカのもの。
十分に熟成されたラムが複数の樽から厳選・ブレンドされた後、丁寧にボトリングされていきます。

samai_07

カンボジア初にして唯一のプレミアムラム蒸留所から生まれたラム酒「SAMAI」。
ハイセンスなバーの存在が人気を後押しし、カンボジアでは着実にその名が浸透してきています。

手作りのため大量生産は難しく、これまではカンボジア国内のバーやレストランでの提供や、お土産としての購入需要に応える程の生産に留まっていましたが、海外への輸出販売を希望する声も多々挙がっている様子。

昨年には、シンガポールでの販売を企図し、ラム酒ボトルの提供をリターンとしたクラウドファンディングも実施されていました。

「SAMAI」のFacebookページでは、消費者の投稿に答える形で、「徐々に生産体制を整え、今年中にフランス、シンガポール、マレーシアへの輸出をする計画がある」としています。

カンボジア産のラム酒が世界に名を轟かせる日も近いかもしれません。

————————————————————————

■SAMAI Distillery
【住所】#9b, St. 830 Tonle Bassac, Phnom Penh, Cambodia.
【TEL】023 215 748
【バー営業日】毎週木曜日のみ
【バー営業時間】18:00-23:30
【ホームページ】http://samaidistillery.com/
【Facebookページ】https://www.facebook.com/SamaiDistillery/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。