ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】若い女の子の間では、フィリピン料理が人気?「The Narra Filipino Resto Lounge」に行って来ました!

【マレーシア】若い女の子の間では、フィリピン料理が人気?「The Narra Filipino Resto Lounge」に行って来ました!

LINEで送る
Pocket

マレーシアのクアラルンプールにはたくさんの国籍の人が住み、国際色豊かです。

その影響か、色々な国の料理を楽しむことができます。

今回ご紹介するのは、ローカルの女の子たちの間で美味しいと評判のフィリピン料理「The Narra Filipino Resto Lounge」。

美味しい料理をたくさん食べて来ました!

店内の様子は?

IMG_5494

「The Narra Filipino Resto Lounge」は少し古いビルの中に店舗を構えています。
店舗は一階に位置し、ガラス張りです。
入り口が2箇所あり、外からでもビルの中からでも入ることができます。

IMG_5514

IMG_5502

店内は白で統一され、とても明るい雰囲気でした。
壁にはフィリピンの写真が飾られています。

IMG_5504

陳列棚には、フィリピンの商品が!

IMG_5505

筆者のオススメはこちら!
「Cheez Whiz」です。
パンに塗って食べるととても美味しく、お気に入りです。
マレーシアでは乳製品が高いので、このタイプのチーズはとても貴重だと思います。

メニューは?

IMG_5510

しっかりしたメニュー表が運ばれてきました。
英語で表示されていますし、フィリピン料理の名称はわからないものが多いのですが、これは写真が大きくと印刷されていて便利です。

料理名を見てもイメージがつかない場合、写真を見てチャレンジしてみるのもアリかも?

もともとフィリピン料理が好きな筆者は、このメニュー表を見ただけで、テンションが上がります!

今回は4人でレストランに来たので、大皿を何品か注文し、みんなでシェアしながら頂くことにしました。

運ばれて来たメニューは?

IMG_5518

まずは、トマトと塩卵(ソルティーエッグ)のサラダ。
塩卵とは、ゆで卵を塩漬けにしたものでとても塩辛い味付けです。

これをトマトと玉ねぎに絡めていただきます!
塩卵の辛さがアクセントになり、お箸がどんどんすすみます。
ビールにもご飯にも合う味付けでした。

アドボ(adobo)

IMG_5520

これはフィリピンの代表的なお袋料理アドボ。
アドボとは、マリネという意味だそう。
肉をマリネして味付け、その後煮込んだ料理です。
今回は豚肉のアドボを注文。

味は豚肉の甘辛煮が洋風になったイメージで、とてもご飯がすすみます。
ソースまで美味しいので、ソースでご飯のお代わりができちゃいそうです。

シニガンスープ

IMG_5523

シニガンスープもフィリピン料理を語る上で欠かせないスープ。
タマリンドを使って作られる酸っぱいスープです。

豚肉や野菜がたっぷり入っていて栄養満点で、日本で言うところの味噌汁のように家庭で頻繁に作られる料理です。

運ばれて来たシニガンスープは可愛いポットに入れられ、とてもおしゃれな感じでした。

周りのテーブルを見ても、ほとんどのテーブルにこのポットが置いてありました。
シニガンスープの人気を物語っています。

初めてフィリピン料理を食べる!という方は、アドボとシニガンスープを注文することをお勧めします。
(酸味が効いた料理が苦手な方はお勧めしません)

ハロハロ

IMG_5524

「The Narra Filipino Resto Lounge」にきたらぜひ試して欲しいのがこのデザート!
ハロハロです。
某コンビニエンスストアのデザートで日本でもおなじみ。
実は、フィリピンが起源なんです。
名前もとってもユニークですよね!?

ハロハロとは「まぜまぜ」という意味で、名前の通り、長いスプーンで混ぜ混ぜしていただきます。

ダイナミックな盛りつけなので混ぜている間、何かしらテーブルにこぼれ落ちてしまうのですが、それでもめげずに全部混ぜてください。
それからストローやスプーンでいただきます。

甘いシロップや色々な具が混ざってごちゃごちゃしそうなのですが、それがなんとも絶妙なハーモニーを奏でて、美味しいのです。

ローカルの女の子たちもハロハロが大好き!
暑いマレーシアの中でひんやりと甘いデザートは人気のようです。

客層などは!?

私たちが入った時には少なかった客数も、だんだんと増えて来ました。
仕事帰りの人たちが、集まって女子会?をしていたり、カップルが食事に来たり、家族づれの人たちがいたり……。

幅広い客層でした。
古いビルでしかも平日に客が入ってくるとは正直驚きました。

IMG_5501

毎週金曜日の夜、このステージでディナーショーが行われるようです。
今は静かなこのステージも金曜日になると明るくライトアップされ、レストランもより一層賑やかになるのだそう。

フィリピン料理は日本人の口にも合う?

The Narra Filipino Resto Loungeは以前同じビルの一角で小さな店を構えていたそうです。
そのお店が口コミで人気となり、今ではこのような素敵なレストランをオープンするまでになりました。

フィリピン料理はハラル料理ではないので、イスラム教徒の人たちは食べにくることができず、客層のほとんどは華僑でした。

少数派の若い子たちに人気のフィリピン料理ですが、日本人の口にも合うと思います。
一度試してみるのはいかがですか?

 

住所:46100 プタリン・ジャヤG001 Dataran Millennium Jalan 14/1
電話:+60 3-7931 2493
Facebook:https://www.facebook.com/thenarraresto/

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介