ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】ミャンマーで突如流行のスイーツ。販売場所と時間はFBでチェック&ゴー!

【ミャンマー】ミャンマーで突如流行のスイーツ。販売場所と時間はFBでチェック&ゴー!

LINEで送る
Pocket

この7月に入って突如、ヤンゴンで大流行を巻き起こしているスイーツがある。
アンブロジアというベーカリーメーカーが作るオンノオターグーだ。

オンノオターグーとはミャンマーの伝統的なお菓子で、「オンノオ」はココナッツ、「ターグー」はタピオカのこと。
もちっとしたタピオカの塊にココナッツミルククリームをのせて焼いたもので、市場や街角の菓子店なら大抵おいているミャンマーを代表する伝統菓子のひとつだ。

伝統的なタイプのオンノオターグー
伝統的なタイプのオンノオターグー

従来品よりも衛生的なイメージ

そんなありふれた伝統菓子が、なぜいまさらこれほど人気を博しているのだろうか。

その理由としてまず挙げられるのは清潔感だ。
従来のオンノオターグーはタライに入った状態で店頭に並べ、売り子がその場で切りとってビニール袋などに入れて販売していた。

伝統的菓子を売る街角の菓子店
伝統的菓子を売る街角の菓子店

それに対しアンブロジアのオンノオターグーは、アルミトレイに入れて焼き上げ、それをアメリカンテイストのイラストを描いた箱に入れて売っている。
このスタイルはここ数年増えているピザのデリバリー店をイメージさせ、ミャンマー人はローカルの菓子店よりも衛生的だと感じるようだ。

AMPROSIA www.facebook.com/AmbrosiaNTD/
AMPROSIA www.facebook.com/AmbrosiaNTD/

次にバリエーション。
これまでオンノオターグーにはココナッツミルク味しかなかったが、アンブロジアではドリアン味とココナッツ味から選ぶことができる。
ミャンマー人はドリアン好きが多いので、これもかなりの高ポイントだ。 

当日に販売場所を告知することで希少性を付加

さらに注目すべきは販売の方法。
アンブロジアの工場は、ヤンゴン中心部からヤンゴン川を橋で渡った西岸のラインタヤー地区にある。
同地区は中心部から遠い上に貧困層が多く、中心部に住む富裕層のミャンマー人の中には足を踏み入れたがらない人もいるほど。
そこで、工場で焼きあがったばかりの出来立てをデリバリーサービス会社・YGNスターデリバリー社を通じ、街中の路上に停めたバン2台で販売しているのだ。

YGSスターデリバリー www.facebook.com/YGN-STAR-Delivery-Service-186277282039373/
YGSスターデリバリー www.facebook.com/YGN-STAR-Delivery-Service-186277282039373/

販売する場所と時間は、YGNスターデリバリー社のFacebookで毎日告知。
バン1台につき50~60個ほどを毎日販売する。
人気沸騰のため、売り始めて1時間もすれば売切れてしまうことも珍しくない。
つまり、Facebookで告知があったらすぐに駆けつけないと間に合わない。
こうした希少性が、さらに人気を高めているといえる。

ちなみに、アンブロジアの工場で直接買うとMサイズ7000チャット(約540円)の商品は、街中の移動バンで買うと8000チャット(約620円)。
デリバリーサービス会社は、1つにつき1000チャット(約80円)の利益をとっている。

分厚いクリームが高級感の要

しかし、何より人気を博した理由はその味だ。
アンブロジアのオンノオターグーは従来品と3つの点で異なっている。
ひとつは甘さを控えめにしていること。
健康志向が芽生えつつあるヤンゴンの富裕層の嗜好に合致している。

次に、できたてを販売していること。
従来のオンノオターグーは前日から仕込むため、市場などで販売する頃にはすっかり冷めて固くなっている。
冷たくても十分おいしいが、暖かい焼きたての方がよりおいしいに決まっている。

ココナッツミルククリームがたっぷりのアンブロジア製オンノオターグーの断面
ココナッツミルククリームがたっぷりのアンブロジア製オンノオターグーの断面

最後にして最大の相違点は、ココナッツクリームとタピオカとの比率。
従来品はタピオカの塊の上に薄くココナッツミルククリームが乗っていたが、アンブロジアのものは比率が半々か、ともすればクリームの方が分厚い。
たっぷりと使ったココナッツクリームに、ミャンマー人は高級なイメージを抱いているようだ。

伝統料理&スイーツを見直す流れ

ここ1、2年のミャンマー飲食業界では、伝統的なミャンマー料理を見直す気運が高まっている。
伝統料理をお洒落な空間と盛り付けで提供したり、これまであまり日が当たっていなかった地方の郷土料理をフューチャ―したり。
スイーツ分野では、これもミャンマーを代表する伝統菓子のひとつである、米で作る羊羹に似た「サヌウィマキン」をショートケーキのように美しくデコレーションして出すカフェ「サルウィーン」もヒットしている。
今回のオンノオターグーの大ヒットも、こうした流れの一端にあると言えそうだ。

サルウィーンは伝統菓子をモダンに盛り付けて提供
サルウィーンは伝統菓子をモダンに盛り付けて提供

 

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介