ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】味でローカルに定着したとんかつ専門店Ma Maison(まめとん)

【マレーシア】味でローカルに定着したとんかつ専門店Ma Maison(まめとん)

  • 友だち追加

まめとんのメニューと店内

メインとなるとんかつ(ロース、ヒレ)だけではなく、カキフライ、エビフライ、チキンカツなど、日本のとんかつ専門店と同様のメニューが並ぶ。

まめとんマレーシアとんかつma maison
お代わりできる豚汁は野菜たっぷり

基本はセット(定食)だが、単品でも注文できる。
定食の場合はご飯・キャベツ・豚汁のお代わり自由。
またご飯は白米か十穀米から選べる。

まめとんマレーシアとんかつma maison
テーブルにはソースやドレッシングなどの調味料

各テーブルには調味料(コンディメント)が置かれている。
とんかつ用として「甘口」「辛口」ソースの他、岩塩、白ごまを用意。
添えられているキャベツに使う「ごまドレッシング」「しょうゆドレッシング」もそろう。

まめとんマレーシアとんかつma maison
壁には日本食レストランをイメージさせる短冊メニューが
まめとんマレーシアとんかつma maison
コースターにも「まめとん」の刺繍入り

日本発を意識しているのか、店内の壁には日本語表記のメニューが書かれた短冊や、店のこだわりなどが掲げてある。
冷たいドリンク用のコースターには店名が刺繍されており、こちらも日本語。

熟成豚のうま味と口当たりのよい揚げ物

とんかつに使用するのは、同店で厳選した豚肉を熟成させたものだという。
海外で一般的に揚げ物の衣に使われる目の細かいパン粉ではなく、日本式の粗めに引いた生パン粉を使用。
揚げ油にはサクっと軽く仕上がるコーンサラダ油。

これらのこだわりこそが、日本のとんかつをマレーシアでも味わえる秘訣なのではないかと思われる。

まめとんマレーシアとんかつma maison
厚切りの熟成豚を使ったロースかつは肉汁たっぷりでジューシー

お店のスタッフに尋ねたところ、一番人気は「ロースかつ定食」という。
赤身の部分はジューシーで肉汁がたっぷりと滴り、脂身の部分はほんのりと甘さを感じられる。

まめとんマレーシアとんかつma maison
通年提供されているカキフライは1個から注文可能

単品でカキフライを注文。
まめとんでは通年でカキフライが食べられる。
時期によりサイズが若干異なるが、ぷりっとふっくらした身は大きく、カキのうま味が凝縮されていて食べ応えがある。

盛り付けも日本のスタイルで丁寧にされている。
中華系マレーシア人は「日本で初めてとんかつを食べた時と同じ見た目の美しさ、ソースが気に入っている」と称していた。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。