ホーム >  タイ > 【タイ】【タイ仕掛人インタビュー】「諦めない」うま食堂店主、田辺文雄さん

【タイ】【タイ仕掛人インタビュー】「諦めない」うま食堂店主、田辺文雄さん

LINEで送る
Pocket

DSC_3112

タイ王国の首都バンコク。
日本人も多く住むスクンビット通りのプラカノン地区に、白地に黒色の明朝体文字、赤い「UMA」のロゴマークが入った日本食料理店「うま食堂」が建ち並ぶ一角がある。
少し路地を入ったところにある「本店」に、メイン通りの「スクンビット店(2号店)」、ソイ・プラカノン通り(プリーディー通り)の「3号店」、BTSエカマイ駅寄りの「4号店」の4店舗。
現地の居住者らの間では「うま村」とも呼ばれているエリアだ。
「次も間違いなくプラカノン」と噂されていたところ、出店した5号店は遙か遠方郊外のラムルーカーだった。
狙いは、次の戦略は。
店主の田辺文雄さんに話を聞いた。

DSC_3107

Q(記者):ラムルーカーと言えば、バンコクの北隣パトゥムターニー県。
LCC専用空港のドンムアン空港の遙か向こう側です。
どうして、そのような場所に?

A(田辺):初めからこの場所に決めていたわけではありません。
妻のチアップとたまたま立ち寄った新装オープンのガソリンスタンドで、ふと空き物件を目にし、「これだ」とひらめいたのです。
その場で直ちにオーナーに連絡をし、手付けを打って即決しました。

DSC_3108

果たしてここにお客様がいるかは、正直なところ分かりません。
ただ、スクンビット通りのような限られた日本人中心のエリアで出店が続けば、パイの奪い合いとなることは必然です。
現在のような来客のある状況がいつまで続くかも分かりません。
タイで飲食店を運営している以上、タイ人客に訴えて行かなければ未来はない。
常々、そのようなことは考えていました。
そうした時に、PTT(旧名:タイ石油公社)のガソリンスタンドに出会ったのです。

DSC_3098

Q:先だって、ローカルバスを使ってバンコク中心部からラムルーカー店をお訪ねしました。
遠いですね。

A:高速道路を使って車で急いでも40分。
路線バスだったら、2時間以上はかかるのではないでしょうか。
驚いたのは、この場所に開店早々、スクンビットの常連のお客様が訪ねて来てくれたこと。
他のお客様の参考になればと、路線バスやロットゥー(乗合バン)での経路を記した案内書きまで作ってくれました。

DSC_3095

この場所にバンコク都心部から直行する鉄道やバスなどの公共交通機関はありません。
ドンムアン空港の裏にあるバーンケーン車庫から543系統(もしくは543ก系統)の路線バスが出ていますが、3キロ手前のクローン7市場で終点。
そこから先は歩くか、モーターサイ(バイクタクシー)に乗り換えるしかないのです。
周囲は見渡す限りの田んぼ。
夕方になれば、虫たちが一斉に演奏を始めます。
民家も所々にしかありません。
こうした場所に出店する決断をする人は、そう多くはないでしょうね。

21743535_1473385059381881_4542860403672037522_o

Q:なぜ、そのような場所に出店を?

A:それが、うま食堂のセオリーだからです。
プラカノンも以前はそれほど注目されていませんでした。
限られた範囲に同じ店を4つも出して、共倒れに終わるとの指摘もありました。
しかしながら、おかげさまで4店舗ともに共存が図れています。
狭いエリアなりに棲み分けが定着しはじめました。

21949764_1482583151795405_1766738195711413969_o

需要は掘り起こすしかないと思っています。
どこに鉱脈が眠っているかは分かりません。
ただ、それを掘り当てないと未来はない。
そう思っているのです。
ですから、プラカノンにまだ埋蔵するものが残っているのであれば、是非、出店を続けたいとも考えています。

ここはタイです。
うま食堂は「日本食」が看板ですが、タイの定食屋です。
しかも、日本食にしては比較的安価でお腹いっぱい食べられる。
できる限り「場末」であり続けるためには、タイ人のお客様の元に自分が出て行くしかない。
常々そう考え、今回が実行の時となったのです。

11145141_911143355606057_6335382615052258168_o

Q:新規オファー(出店依頼)などはあるのですか?

A:ありがたいことに、ラムルーカー店の出店に前後していくつかいただいています。
今回のような新規ガソリンスタンドのオーナーや、日系企業も多く入居する工業団地、さらには物流拠点として倉庫などが建ち並ぶ産業エリアの関係者からも打診をいただきました。
ただ、うま食堂の郊外出店はまだ始まったばかりです。
「もう少し、様子を見させてください」とお伝えしました。
正直に申し上げれば、出店依頼は有利な条件で物件を借りることができるのですから、お断りする理由は原則としてありません。
むしろ、受けるべきだとのお声がけもいただきました。
しかれども私には、未だ体力が十分に備わっていない時に出店をして苦労をした旧ラムカムヘン店の苦い経験があります。
慎重にならざるをえません。

10631136_773543212699406_8618776144849841419_o

Q:今はなき旧ラムカムヘン店とは?

A:うま食堂は2012年3月、プラカノンで誕生しました。
今もあるホテル1階の片隅。
ご縁があってそこで1年と少し過ごしました。
その後、物件の更新ができずに移転先を探していたところ、学生の街でもあるラムカムヘンを知り、そちらに移転をしました。

10515267_775344989185895_3442037074864156159_o

ところが、これが大誤算でした。
お客様が全く来ない。
日本食の認知度も低い。
開店休業の状態が長らく続きました。
その間、コックが辞めたり、契約や物件をめぐって混乱もありました。
うま食堂は大きく変わらなければならない状態となりました。

1921071_752890481431346_8145323399633317107_o

まずは、従業員体制の見直しです。
それまでコックやウェイトレスと分業制にしていたのを辞め、誰もが調理ができ、接客ができ、会計ができるように改めました。
一人が欠勤しても、店が回るようにしました。
もちろん、私もホールに立ち、妻のチアップも鍋を握りました。

次に、諦めないことです。
何らかの直感や自分なりの分析があって、この地に出店したのだから、それを信じて頑張る。
お客様が来るまで頑張る。
時間を持て余した時は、自分の店の前だけでなく、ご近所一帯のゴミ拾いを進んでやる。
そうしたことで新たな人間関係が生まれ、お客様も少しずつ増えていくようになりました。

13445287_1063211887065869_4121205012272201927_n

Q:なるほど。その後の経緯は?

A:発祥の地であるプラカノンで、もう一度、チャレンジしてみたいとの思いが強くありました。
実は、プラカノン回帰に先立って、隣町のオンヌットの物件に手付けを打ったことがあります。
ところが、妻が言います。
「勝負するなら、人のいるところにしなくちゃ」
当時のオンヌットは日本食店も少なく、まだ開発の途上。
そこで、家賃は高めでしたがプラカノンで物件を見つけ直し、うま食堂の出店第2幕に望んだのです。
それが、現スクンビット店(2号店)です。

DSC_3121

2号店と当時の本店であるラムカムヘンの行き来は、若干の距離もあって骨が折れました。
また、スクンビット店にお客様が来られるようになって、スタッフの配置も困難となりました。
そうして、本店であるラムカムヘン店を移転させ、プラカノンに集中することにしたのです。
新本店はプラカノンの路地を入った奥まった場所にあります。
決して好立地とは言えません。
こんなところに、と誰もが思ったことでしょう。
私も当初、ダメだったら倉庫や従業員寮にすればいいや程度に考えていました。
ところが、今では立派に成長し、上位に位置しています。

DSC_3115

Q:プラカノン回帰から約3年。うま食堂はどのように成長し、どのように歩んでいきますか。

A:ラムカムヘン時代と大きく違うことは、現在は体力がそれなりに備わってきています。
タイ人のお客様ばかりで完全アウェーのラムルーカーでチャレンジできるのも、そうした背景があるからです。
ここで最低でも1年。
石の上にも三年、頑張ってみるだけの体力があります。
爪に火をともすような暮らしだった時代からは隔世の感があります。
最も恐れることは慢心です。
現在のお客様に来ていただいている状況が未来永劫続くものと錯覚してはいけません。
そうした可能性が少しでもあるときは、ラムカムヘン時代を思い出します。
あれが、うま食堂の原点、私の原点なのです。

DSC_3129

旧ラムカムヘン店は、郊外型の出店がようやくできるようになった「今」に続く原点の一方で、間違いなく私の失敗でもあります。
決して忘れたり、悔やんだりしてはいけない「歴史」なのです。
そうした中でも一緒に歩んでくれた妻のチアップと従業員たちには、感謝の気持ちしかありません。

【取材後記】生真面目な性格の店主は話が決してうまいわけではないが、店にはどこかに和む雰囲気がある。
新店のラムルーカー店を含め田辺さんが言う「場末の定食屋」を一度、訪ねてみてはいかがだろうか。

 

【うま食堂】
◎1号店(本店)
場所:スクンビット・プラス(ホープランド裏)
最寄駅:BTSプラカノン駅下車徒歩5分
営業時間:11:00~0:00
定休日:なし
電話:02-101-3839 083-827-3200
(以下全店共通)
平均予算:1人で500バーツ
サービス料等:なし、飲み物持ち込み自由

◎2号店(スクンビット店)
場所:スクンビット・ソイ46/1
最寄駅:BTSプラカノン駅下車徒歩2分
営業時間:11:00~0:00
定休日:なし
電話:02-101-9904

◎3号店
場所:スクンビット・ソイ71プリーディー通り2-4の間
最寄駅:BTSプラカノン駅下車徒歩7分
営業時間:17:00~翌朝5:00
定休日:なし
電話:02-101-9499

◎4号店
場所:スクンビット・ソイ44
最寄駅:BTSプラカノン駅下車徒歩7分
営業時間:11:00~0:00
定休日:なし
電話:02-101-9499

◎5号店(ラムルーカー店)
場所:バンコク北郊ラムルーカー通りPTTガソリンスタンド内
営業時間:8:00~22:00
定休日:なし
電話:02-102-3012

Facebook
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%86%E3%81%BE%E9%A3%9F%E5%A0%82/935332396487426

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介