ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】先進国の流行発信都市への注視も必須

【シンガポール】先進国の流行発信都市への注視も必須

LINEで送る
Pocket

いつもは東南アジアの飲食ビジネスレポートを書いていますが、先日訪れたロンドンで改めて思うところがあったため、今回はそのことについて書かせていただきます。

ロンドンの「ストリートフードセンター」は世界の食の展示会のよう

8月上旬にロンドンを訪れ、「Mercato Metropolitano」という新しいコンセプトのフードセンターへ行きました。

「ストリートフード」とは、屋台で買える料理を指す言葉ですが、「Mercato Metropolitano」はこのストリートフードを販売する小規模の飲食店がぎっしり並んだ、屋台の集合体のようなところです。

最近のロンドンの新しいビジネスは「社会に貢献する」というコンセプトを打ち出しているところが多いですが、Mercato Metropolitanoも「雇用を創出する。人々のつながりを強める。サステナブルな社会を構築する。」という目的を掲げた会社です。
様々な試みがある中、フードセンターはその一環として、借りやすい家賃で飲食店経営をしたい事業主を後押しする、というコンセプトで経営されているようです。

筆者が訪れた日曜日の午後は来場者で混み合い、大盛況。
人気の場所となっているようでした!

会場には広い屋外席も設置され、たくさんの来場客でにぎわっていました。

さっそく筆者も張り切って会場を一巡りし、食べ物とクラフトビールを買い集めました(笑)

作品を見に来たはずが、ちょっとした宴会のように。

手前右側はレバノンの串焼きチキン、その左側はスイスとフランスの国境エリアが発祥のラクレットチーズをポテトにかけた料理で、その上はコロンビアのエビのセビーチェです。

揚げたバナナとコーンが添えられたコロンビアのセビーチェ。
揚げたバナナとコーンが添えられたコロンビアのセビーチェ。
ご存知ない方のために、ゼビーチェは、主に生の魚介類にレモンやライムを搾り、コリアンダーなどで味や香りをつけた料理で、ペルーの料理として知られています。
コロンビアセビーチェのお店のお兄さんによると、ペルーだけでなく南米で広く食べられているんだよ!とのことでした。
「イギリスの食事はまずい」というのは、はるか昔の話。

金融業が盛んになり、また、労働党政権時代に移民を積極的に受け入れてきた事情もあり、世界中から人や富が集まり、今や食文化も成熟しているのです。

Mercato Metropolitanoには、筆者が食べた料理の他にも、イタリアン、メキシカン、タイ料理、ラーメンなどがあり、国際色豊かでした。

また、小規模飲食店のものとは思えないほどどれも美味しく、経営者がしのぎを削っていることが感じられました。

前掲の写真のラクレットは、ロンドン在住の友人が「今ロンドンでラクレット流行ってるんだよ」と言いながら買ってきたもの。

筆者は前々回「ナイトマーケット、ポップアップストア…需要を抑え波にのるシンガポール企業」と、その前の「ラマダンバザールに食のトレンド傾向が垣間見られる?」で、シンガポールの屋台のトレンドについて書きましたが、両回ともラクレットが登場しているので、驚きました。

海を超える食や文化のトレンド

以前、「シンガポールへ進出するなら知っているべきPS.Cafe」の記事で書きましたが、シンガポールの誰もが認める人気おしゃれカフェPS Cafeのオーナーは、それぞれロンドンでデザインと法律を学んでいて出会った3人のシンガポール人です。

また、別の人気カフェ Carpenter & Cook は、ロンドンのル・コルドンブルーで学び、人気店で修業をしたシェフの料理とお菓子、そしてイギリスで買い付けたアンティークの雑貨や家具を売っているお店。

Carpenter & Cook のインテリアはほとんどがイギリスで購入したアンティーク家具で統一されており、かわいい雰囲気。
Carpenter & Cook のインテリアはほとんどがイギリスで購入したアンティーク家具で統一されており、かわいい雰囲気。

東南アジアの人たちは海外で高等教育を受ける人が少なくないため、目的の教育の他にも、さまざまな物事を吸収して戻ってくるのですね。

ロンドンでは、ストリートフードマーケットは「Mercato Metropolitano」だけでなく、他にもあちこちで見られ、流行っているようです。

また、ロンドンだけでなく、ニューヨークなどでも近年はポップアップイベントが流行っている様子。

最近のシンガポールのポップアップイベントでラクレットが散見されるのは偶然ではなく、どうやらシンガポールやバンコクでおしゃれな雰囲気やグルメな屋台の数が増しているのと同時に、欧米の流行発信都市のトレンドを大いに反映しているためのようです。

東南アジアの人たちは目移りが激しく、ビジネスを成功させるためには時流に乗ることがとても大切だと、この8年のシンガポール生活で実感しています。

日本のものなら喜んで飛びつくだろう、という軽い目論見で進出して、すぐに撤退を余儀なくされた日本企業を多く見てきました。
東南アジアの人たちは、国際化が進んでいて世界の様々な良いものに触れる機会も多く、日本のものはその内のひとつに過ぎない、ということを念頭に、次に流行るのは何か、マーケットが東南アジアであっても、目線は欧米まで伸ばしてトレンドをフォローするのも大事なことだな、とあらためて感じたのでした。

Mercato Metropolitano
住所:MM London 42 Newington Causeway, London SE1 6DR

Carpenter & Cook
住所:19 Lorong Kilat #01-06,598120

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介