ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】ヤンゴン郊外に続々とオープンする本格中国料理店

【ミャンマー】ヤンゴン郊外に続々とオープンする本格中国料理店

LINEで送る
Pocket

突然だが、中華料理と中国料理の違いをご存知だろうか。

大まかに言えば、日本では中国の料理を日本人の好みに合わせて変化させたものを中華料理、中国の味そのままのものを中国料理と呼ぶそうだ。

ミャンマーの中華料理とは

ミャンマーには昔から、ミャンマー風にアレンジした中国由来の料理を出す店が多い。
文頭で述べた分け方で言えば中華料理店の方だ。
代表的な料理は、野菜と鶏肉ないしは豚肉をトマト味で甘辛く炒めたもの。
地理的に近い雲南料理の影響が強いが、本場より辛さは控えめで、雲南省と国境を接するミャンマー側のエリアに住むシャン族の料理ととても近い。

ミャンマー“中華”の代表格チャーハン。たいていのミャンマー料理店のメニューにもある
ミャンマー“中華”の代表格チャーハン。たいていのミャンマー料理店のメニューにもある

2010年代半ばまで、このようなミャンマー風中華料理を出す店は、中流家庭が休日のちょっとした贅沢に利用するレベルのレストランに多かった。
そういった店では、中華料理と並んでタイ料理も同じメニューに載っている店が目に付いた。
また、ミャンマー中華の大型店は結婚式の披露宴会場としても広く利用されてきた。

結婚式の披露宴会場にもなる大型中華レストラン
結婚式の披露宴会場にもなる大型中華レストラン

こうした庶民にとっての「ちょっと贅沢」な中華料理店に対し、高級ホテルの多くには高価格帯の本格中国料理店が入っており、中華系の血筋を引く場合も多いミャンマーセレブの外食場所となっていた。

2000年代までは、5つ星クラスのホテルには必ずと言って良いほど高級中国レストランがあった
2000年代までは、5つ星クラスのホテルには必ずと言って良いほど高級中国レストランがあった

好調を続けるシンガポール系チェーン

一昨年から昨年にかけ、シンガポールを中心に香港やマレーシア、インドネシア、さらには日本などアジアにおいて8つの国と地域で店舗を展開する中国料理チェーン「パラダイスグループ」がヤンゴンへ進出。
快進撃を続けている。

現在まで「ビューティ・イン・ザ・ポット」、「カントン・パラダイス」、「ダイナスティ・パラダイス」の3店がオープン。
他にも2店が開店を控えている。
どこも、食事時は連日満席となるほどの人気ぶりだ。

Beauty in The Pot 住所:42A Sayar San Rd., Bahan Twsp., Yangon 電話:09-2522-21188 営業時間:11:00〜26:00 無休 URL:www.paradisegp.com/global-presence/
Beauty in The Pot
住所:42A Sayar San Rd., Bahan Twsp., Yangon
電話:09-2522-21188
営業時間:11:00〜26:00 無休
URL:www.paradisegp.com/global-presence/

実は、同グループは2012年にタイにも進出したが、うまくいかず撤退した。
これについて、タイとミャンマーを行き来する中華系ビジネスマンはこう分析していた。

「タイに住む中華系住民には潮州人が多く、彼らはレストランを地縁や血縁で選びがち。
福建人や広東人の多いシンガポール系の店はあまり選ばれない。
ミャンマーの中華系に多い雲南人は、その辺りは気にしないから」。

Canton Paradise 住所:61 Sayar San Rd., Bahan Twsp., Yangon 電話:09-2522-21212 営業時間:7:00〜23:00 無休 URL:www.paradisegp.com/global-presence/
Canton Paradise
住所:61 Sayar San Rd., Bahan Twsp., Yangon
電話:09-2522-21212
営業時間:7:00〜23:00 無休
URL:www.paradisegp.com/global-presence/

この説の真偽はさておき、パラダイスグループがヤンゴンで成功したのは、これまでの大衆的庶民中華とホテル内の高級中国レストランの、丁度中間あたりを狙ったことにあるだろう。
「もう少し高級な店に行きたいが、ホテル内ほど高くない店」という、経済発展で厚みを増した中流層のニーズにフィットしたと言える。

2018年後半には新たな波が到来

昨年後半に目立ってきたのは、これら動きとも異なる、いわば第3の波だ。
舞台はヤンゴン中心部から1時間ほど北へ行ったミンガラドン地域や、北西へやはり1時間ほど行ったラインタヤー地域だ。
どちらも中小企業向けの工業団地を擁する。

建物や内装にあまりお金をかけていない店も目につく
建物や内装にあまりお金をかけていない店も目につく

これらのエリアに立て続けに、庶民的な中国料理店がオープンしたのだ。
オーナーもシェフも中国人で、メニューも中国語。
外に出す看板も漢字が並ぶ。
中には、レストランではあるが、カラオケを併設し、水商売風の女性が多く控えている店もある。
これらの店はすべて、上記エリアに急激に増えている中国や台湾の工場で働く中国系の人々を対象としている。

カラオケを備えた“夜の店”とおぼしき中国料理店も
カラオケを備えた“夜の店”とおぼしき中国料理店も

今後、こうした低価格帯でありながら、本格的な中国料理を出す店は、郊外から中心部へ向けて増えていくのか、郊外より中国度を増し、進化していくのか。
今後の進展に期待したい。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介