ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】10月21日オープンのダウンタウンライン公開日に参加

【シンガポール】10月21日オープンのダウンタウンライン公開日に参加

LINEで送る
Pocket

シンガポールの交通の要である、MRTのダウンタウンラインに16の新駅が10月21日オープン。

DTL3-Web-Banner_F2

今回はダウンタウンラインの第3期オープンを記念した一般公開に参加してみた。

IMG_6868_R

ダウンタウンラインはMRTの中でも最も長く、全長42キロとなる。
シンガポール島の東エリアとセントラルビジネスディスと陸(CBD)、マリーナベイエリアをつなぐ。
この開通により、多くの展示会が開かれるExpo駅までこのダウンタウンラインで行くことが可能になった。

ダウンタウンラインの第1期、チャイナタウンからブギスは、2013年12月、第2期、ブキパンジャンからロチャーは2015年に開通。
そして第3期が10月21日オープン。
さらに2024年には2.2キロ伸びるそう。

Fort Canning駅はデザインも自慢

今回の第3期にオープンしたフォートカニング近くのFort Canning駅は日本人ご用達のスーパー明治屋も入るリャンコートから徒歩1分程度。
シンガポールリバーにもほど近く、今回の新駅建設のために、川を一部迂回させたという。

IMG_6903_R

IMG_6906_R

Fort Canning駅のテーマカラーはグリーン。
フォートカニングの緑をイメージしていると言い、丸みのある天井や壁、梁など随所にアクセントとして使われている。
このユニークな作りは国内でもTop 50 Engineering Feats、International Tunnel Association Tunnelling and Underground Space Awards や Singapore Concrete Institute’s Excellence Awards などに輝いている。

IMG_6919_R

Fort Canning駅はUpper Changi駅と並び、ダウンタウンラインの中で最も長い駅となった。
長さは205メートルで、これはサッカー場2つ分の長さ。

今回のイベントでは、新しい16駅が公開され、新駅ではスタンプラリーやミニライブなどが行われるなど、公開日を盛り上げた。IMG_6917_R

IMG_6920_R

次に乗るのが少し楽しくなるかもしれないダウンタウンラインに関する小ネタをご紹介。

知っている?ダウンタウンラインのミニ知識

1.シンガポールの中で最も深い地下鉄の駅は、Bencoolen駅。
地下43メートルに位置している。

2.シンガポールの中で最も長いエスカレーターはUbi駅にあるもので、全長40メートル。

3.ダウンタウンラインの車両は(人を乗せていない状態で)重さ115トン。
これはオスのアジア象21頭分。

4.ダウンタウンラインはシンガポールの中で最も長い無人運転車両で全長42キロ。

5.ピーク時には「新しい」車両が車庫から出るので、車庫に近い駅では、空いている車両に乗ることができる。
Bishan駅、Jurong East駅などで満員電車の時は一本待ってみても。

6.シートの色が車両ごとに異なるのは、落とし物を探しやすくするため。
MRTに忘れ物をした場合はシートの色を伝えることで発見されやすくなるとか。

MRTはこれからもさらに便利に

ダウンタウンラインは、今回オープンした3期に加えて、2024年にはさらに伸長する3E(3 Extention)期を予定している。
この3E期では、イーストウェストラインと接続するだけでなく、2019年オープン予定のトムソンイーストコーストラインにも接続する。

トムソンイーストコーストラインは東部のベドック、マリーナエリアを通り北部のウッドランドをつなぐことになる。

10月21日、22日限定のオープン記念サービス、ダウンタウンライン全線無料の機会に新しい駅を利用された方も多いのでは?
今回の3期オープンに伴い、駅がなく不便なエリアとされてきたところがかなり便利なエリアへと変貌を遂げることも?
さらに便利になるMRTに期待大。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介