ホーム >  タイ > 【タイ】日本人は知らない?タイのローカルコンビニ

【タイ】日本人は知らない?タイのローカルコンビニ

LINEで送る
Pocket

タイにはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、日本人にお馴染みのコンビニエンス・ストア(以下コンビニ)がありますが、タイローカルのコンビニも頑張っています。
今回はタイのローカルコンビニについてお伝えします。

老舗の貫録 108SHOP

11

大手コンビニチェーンが上陸する以前からタイにあったローカルコンビニ、108SHOP。
現在バンコク市内ではローソンとの合併が進められていますが、郊外ではまだまだ健在です。
代々雑貨店を経営していた家族が引き継いで経営している店舗もあり、地元密着度No.1のコンビニと言えるでしょう。

実際、お客さんがお店の人と長話をしている光景もよく見かけます。
アルバイト店員が多い、大手コンビニチェーンにはない良さですね。
ちなみに108はタイ語で「ロイペーット」と読みます。

多店舗展開加速中のMaxValu

01

現在急速に店舗数が増えているのが、イオン系列のMaxValu。
後発ながら多店舗展開で目のつきやすい場所に出店し、知名度を上げる作戦に出ています。
特にMaxValuはマンションの1階に入っていることが多く、筆者が以前住んでいたマンションも1階にMaxValuがありました。
マンション内にコンビニが入っているとマンションの付加価値が上がるため、ゼネコンとしても歓迎します。
しかしコンビニが2軒あるよりもコンビニ1軒とカフェ、スイーツ店など他のショップに入居してほしいという実情があり、そういった作戦でMaxValuは他のコンビニの追撃をかわしています。

04

日本で使い慣れたTOP VALU製品が多いのも、日本人には嬉しいところ。

01

綿棒も日本で売っているものと同じ製品です。

02

ペット用品もTOP VALU製品。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。