ホーム >  カンボジア > カンボジア最大級のショッピングモール、イオンモールプノンペンに行ってみた

カンボジア最大級のショッピングモール、イオンモールプノンペンに行ってみた

LINEで送る
Pocket

2F部分(3F)

ベビー・キッズ用品、ホーム用品、AV機器がイオンの売り場に。
ホーム用品の品揃えは素晴らしい。
食器、調理器具から掃除用具まで、何でも揃うのは在住者にとってありがたい。
キッズ用品の隣には、子どもの遊べるスペースとゲームセンターがあり、子どもを遊ばせるお母さんたちの姿も。

IMG_4688

IMG_1767

 

フードコートには、リゾートホテルをイメージした造りの、各国の料理が食べられるワールドダイニング、日本の町屋の雰囲気を醸し出すジャパンダイニングには日本食のお店が並ぶ。
その先はアミューズメントゾーン。
映画館、ボーリング場、カラオケとゲームセンターが。
映画館は、通常のシネマに加え、高級VIPシネマやラウンジ、カンボジア発の4DX の展開など注目度が高い。IMG_1800IMG_1801

3F(4F)

この階には、駐車場とレストラン、そしてダンススクールや料理スクール、英語教室、キッズジムなどのスクールがある。

4F(5F)

なんと常夏の国カンボジアに、まさかのアイススケートリンクが。
約1,000㎡、本格的な競技も可能な大型アイススケートリンクが用意されている。

IMG_4582

イオンモール、オープン3年目のいま

2014年のオープンからちょうど3年経ったイオンモール。
地元のカンボジア人たちがオシャレして、週末は一家総出でイオンに出かける、そんな姿はオープン当時ほど見られなくなっている。
イオンモールの周辺には高級住宅街やホテルが立ち並び、中高所得層の世帯が大半を占める。
地元住民のニーズは十分にある地域と思われたが、日本から出店した49店舗の中には、売上げが伸び悩み撤退したお店も数多くある。
特に飲食店は、思ったほど客足が伸びず、客単価も伸び悩む傾向にあるようだ。
その一方で、1Fにあるイオンが展開するデリカ・フードコートは、地元民に好まれるメニューと価格帯で、いつでも混雑している。
売り場やエリアによって、はっきり明暗がわかれているような状況だ。

そんな中、プノンペンのトゥールコーク地区のニュータウンに、イオンモール2号店が2018年夏オープン予定。
プノンペン北部のニュータウンで、新たな消費者層をターゲットに既に建築着工している。
ウォータースライダーや流れるプール、子どもが水遊びできるプールなど、家族で楽しめる施設も充実しており、今後に期待が高まる。

AEON MALL Phnom Penh
http://aeonmallphnompenh.com/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。